本とITを研究する

「本とITを研究する会」のブログです。古今東西の本を読み、勉強会などでの学びを通し、本とITと私たちの未来を考えていきます。

8月21日(水)東京・田端にて、「本とITを研究する会」創立2周年感謝・懇親会」を開催

f:id:tech-dialoge:20190825190457j:plain

8月21日(水)東京・田端にて、「本とITを研究する会」創立2周年感謝・懇親会」を開催しました。
皆様には楽しんでいただき大盛況で、この2年間を振り返るという意味でも、感謝にたえない時間でした。
この場をもって、重ね重ね、参加された方には心から感謝いたします。

プレゼントとして記念にお渡しした「本とITを研究する会」のオリジナルのノベリティ(真空タンブラー)とお菓子、気に入っていただけたら嬉しいです。
飛び入りのLTも盛り上がって、とてもよかったです。

f:id:tech-dialoge:20190825190556j:plain

本会において、私が個別でお会いしている方々が一堂に会することで、新たな出会いや化学反応が起こるのではないかという試みでもありました。
交流が深まってくれたら、とてもうれしいです。

f:id:tech-dialoge:20190825190648j:plain

「本とITを研究する会」のメンバーは、「自分のために生きる人」が多いと、改めて感じました。
これは利己的という意味ではなく、自分を大切に、自分の追求するものを突き詰め、責任をもって生きる人たちが多い、という意味です。
このような、素晴らしい人たちと2年間を過ごすことができた自分は、改めて感謝の気持ちを深めました。
「自分のために生きる人」だからこそ、自分を支える他人とのつながりを大切にする。
長年つながりのあるメンバーの顔を思い出し、改めてそうとも感じています。

この集まりをより実りの多いものにするべく、また、創立3周年も迎えられるよう、日々邁進していくつもりです。

これからもメンバー同士の交流や学びが深められたらうれしいです。
また、いままで同様、お力添えをいただくことも多いかもしれません。
そのときには、よろしくお願い申し上げます。

最後に、皆様のますますの健康と繁栄を、心からお祈り申し上げます。

今後ともなにとぞ、よろしくお願いいたします!

三津田治夫